IPL脱毛は効果の高い脱毛法で、多くのメリットがある事から評判を呼んでいます。

IPL脱毛の特徴

IPL脱毛は光を利用して脱毛させますが、効果もあってしかも肌に優しく、今まで敏感肌などの理由で脱毛を断念していた方も、IPL脱毛なら安心してご利用可能です。

 

IPL脱毛の特徴は、毛のメラニン色素のみに効果を発揮する点です。IPL脱毛で使われる光はインテンス・パルス・ライト(Intensive Pulse Light)というもので、この光を吸収した毛は発熱し、たんぱく質が熱変化することで脱毛するという方法です。

 

メラニン色素のみを変化させて毛と毛根を処理してくれるので、効果がありながら肌に与える刺激も少なくて済み、痛みや熱さも比較的軽くて、レーザーなどで有りがちな火傷も心配もありません。

肌へのダメージを気にする方にも良い脱毛方法です。

IPL脱毛での脱毛効果を上げるには

IPL脱毛での脱毛効果を上げるには施術範囲が広い とその分だけ掛かる時間も短く出来、効果の高さと相まって人気のある脱毛法として定着しつつあります。なお、IPL脱毛での脱毛効果を上げるには、複数回 受けることが必要とされています。

 

IPL脱毛は、安全確実な脱毛方法とされています。

IPL脱毛で美肌効果

IPL脱毛は脱毛効果の高い脱毛法です。肌の美しさから脱毛法を選ぶ方におすすめなのが、IPL脱毛だとされています。

 

IPL脱毛は光を使った脱毛法で、毛根のたんぱく質を熱変性させて消滅する作用があり、毛に含まれるメラニン色素のみに反応して、確実な脱毛効果があるといわれています。

また、IPL脱毛は肌の表面に生えたばかりの無駄毛にも反応してくれ、剛毛から細くて目に付かないような産毛まで効きますから、脱毛後はすべすべの肌になれるでしょう。IPL脱毛は肌への負担が少ないので、ビキニラインやおへそ周りにも効果的です。脱毛効果が高く、しかも施術中の痛みも少なくて、脱毛後の肌荒れを気にせず受けられます

また可視光線は肌を活性化してくれる効果も期待でき、キメを整えて毛穴も引き締めてくれるので、脱毛しながら美肌も出来るとされています。女性にとってはそこも大きなメリットで、人気のある脱毛法です。

IPL脱毛で、脱毛と美肌を一度に手に入れてみてはいかがでしょうか。

IPL脱毛の注意点

IPL脱毛は効果の高い方法ですが、受ける為には注意点も理解しておきましょう。

 

IPL脱毛は光脱毛の一種で、脱毛したい場所にレーザー照射して毛や毛根などのメラニンに作用し、脱毛させます。脱毛効果を上げる為には5回〜10回以上(毛の状態によります。)の IPL脱毛を受ける必要があります。

 

乾燥肌の方は、肌トラブルの原因となりますので、水分保湿をしっかり行ってからの脱毛スタートとなります。

脱毛をスタートする前から、毛抜き処理は避けて下さい。毛抜きした部分は効果がありません。

脱毛当日の入浴について

脱毛を受けた日は、入浴を控えて下さい。

これは、脱毛直後の肌はとても敏感になっていて、お風呂のお湯につかって部位を温めると、赤くなったりかゆみが出たりする可能性があるからです。また、お風呂のお湯はキレイに見えても目には見えない雑菌が浮いていたりしますので、万が一その菌が脱毛した部位に入り込んだりすると、皮膚が炎 症を起こしたりして肌トラブルを招く可能性もあります。そのため、脱毛した当日は、湯船につかるのは避けて、シャワーでザッと汗を流す程度にし ておきましょう。

脱毛部位は刺激しないように

また、お風呂については脱毛当日だけでなく、脱毛が完了するまでは、脱毛部位を力を入れてこすったりしないでください。

 

脱毛した部位はとてもデリケートな状態になっていますのでとにかく刺激しないようにする事が大切です。この点から考えて、使用するボディーソープなども刺激の少ないものを選ぶとよいでしょう。特にスクラブの入ったものなどは刺激を与える事になりますので、使用しないようにしましょう。

日焼け防止と保湿ケア

脱毛後は肌を刺激しない事が大切という事はすでに説明しましたね。肌への刺激というのは、こすったりする事だけではありません。

 

特に脱毛中に気をつけたいのが日焼けによる刺激です。

日焼けは肌への負担がとても大きく、ひどい日焼けになると脱毛部位に肌トラブルが起こる可能性もあります。また、施術の直前に日焼けをしてしまうと 日焼けの度合いによっては施術ができなくなる可能性も出てきますので、とにかく脱毛中は日焼けをしないように心がける事が大切です。

 

さらに、脱毛中はいつもより保湿ケアに力を入れましょう。脱毛中の肌はとても乾燥した状態にありますので、丁寧な保湿ケアをする事で肌トラブルを防ぐだけでなく、毛穴を引き締めキレイな肌を保つ事にもつながります。保湿ケアをする際には刺激の少ないものを使用するようにしましょう。